面接対策

市役所面接の話し方で注意すること3選

本記事の内容

市役所の面接を受ける際の話し方の注意点をまとめていきます

この記事を書く私は元市役所職員(5年間勤務)です。

話す際に注意するのは、面接官とのテンポを意識することです!

それではいきましょう!

①話すとき、句読点を打つ

だらだら話すのはよくありません。

話しているときに句読点(,)を付け、一拍間を置くようにしましょう。

間ができると、はっきり話している風にみられます。


併せて、全部言い切らないようにしましょう。

②「え~と」と言わない

話すときに「え~と」というのは論外です。

面接官とのテンポが悪くなってしまうので、言わないようにしましょう。



相手に質問させることができます。


話はテンポが大事です。

面接官との間で心地よい間を作りましょう。

③結論から話す

話すときは結論ファーストで話しましょう。

コツは、質問に答えるとき、話にタイトルをつけ、要約して話すことです。

そして、質問に応じて、サポートするように付け足していきましょう。

以上です!