ES対策

市役所の志望動機が思いつかない転職者への例文【元市役所職員が教える】

公務員志望者

市役所に就職・転職したいけど、志望動機が思いつかない!

市役所などの公務員の志望動機って、なかなか思いつかなくて大変ですよね。

せっかく筆記試験に受かっても「面接で不合格」なんてことは絶対に避けたいものです。

本記事の内容

他の志望者と差別化できる市役所の志望動機が分かる
地元以外でも志望動機が作れる

この記事を書く私は元市役所職員(5年間勤務)です。

市役所の面接は、「相手が欲しいこと」を提供できないと受かりません。

この記事を読み終えれば、僕が市役所に合格する際に使った志望動機の書き方が分かります。

市役所の志望動機の型

市役所の志望動機の型は、結論から言うと、

  1. 私が公務員になりたい理由は○○である
  2. 貴市のビジョンは■■で、具体的には△△をしている
  3. 私のビジョンと、貴市のビジョンが合致しており、貴市であれば自分のビジョンが実現できる
  4. だから、貴市でビジョンを推し進めることに貢献したいと思い、志望した

という書き方が他と差別化でき、反論がされないため一番オススメです。

順番に解説していきます。

①公務員を志望した理由

「公務員になりたい理由」は、結論から言うと

全体の奉仕者として、様々な角度から、人の暮らしの課題を解決することに貢献できる

というのが一番オススメです。

公務員を志望した例文

<志望動機>
私が公務員を志望した理由は、民間やNPOと異なり、
全体の奉仕者であるため、人の暮らしの課題を解決できることの幅が広いと考えたからです。

<自分の経験と課題意識>
私は、民間時代には営業の仕事をしており、お客様から課題を聞き取り、サービスを提供してお客様の課題を解決に導けたことに、自分の人生のやりがいを感じました。

しかし同時に、営業の仕事では、サービスに魅力を感じてもらえる人のみしか奉仕できず、
もっと困っている人や、関心の無い方にはアプローチできないという限界も感じるようになりました。

<公務員の仕事への理解>
公務員の仕事が、税の徴収や用地買収など、喜んでもらえることだけではないことは理解しています。
しかし、お金や土地を集めて再分配することは、全体として暮らしの課題の解決をするためには、必要なことと考えております。

<まとめ>
こうした理由で、私がしたいことである、
「全体の奉仕者として、人の暮らしの課題を解決すること」は民間や、NPOではできないと考え、公務員を志望しました。

解説

あなたが「公務員になりたい理由」で面接官が確認しているのは

  1. 公務員の仕事の理解をしているか?
  2. 体験からでた本音の言葉か?

という2点です。順に解説します。


まず、①の公務員の仕事の理解度を伝える上で重要なのは、

公務員の仕事は「民間や、ボランティア・NPOと○○が違う」

比較した視点を加えて伝えることです。

なぜなら、公務員を志望する理由を伝えた際に、面接官から

「それって公務員じゃなくて、民間や、ボランティア(NPO)でもできるよね?」

と言われた瞬間に、合格は非常に困難になってしまうからです。


では、公務員と民間・ボランティア(NPO)の違いは何でしょうか?

それは「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。」ということです。(日本国憲法第15条第2項より)

公務員と民間・ボランティア(NPO)の違いは↓の記事でより詳しく解説しています!

公務員と民間・ボランティア・NPOとの違いまとめ【元市役所職員が教える】公務員と、民間や、ボランティア・NPOの違いって分かりにくいですよね。この記事では、僕が実際に各自治体のESで使い、合格できた公務員と、民間や、ボランティア・NPOの違いについて解説します。...

この点を必ず押さえるようにしましょう。

次に、「体験からでた本音の言葉か?」という点が重要になります。

これは、公務員になったものの、辞めてしまう人が多いからです。
採用後のミスマッチを防ぐためなんですね。

ここでオススメなのが、あなたが「人生のやりがいだ!」と思った原体験・感情をねじ込むことです。

私が実際に使ったのは、

  1. サークルやアルバイトで人の課題を解決できたことに、自分の人生のやりがいを感じた。
  2. ただ、民間ではサービス提供に限界がある。
  3. だから幅広くできる公務員を志望した

という流れを意識しましょう。

ここで意識したいのが、「感情そのものについて書く」ことです。

面接の際に、感情をこめて話すのは難しいですが、「○○な感情を抱いた」というのは言いやすいです。

自分の体験だけを語るのではなく、「○○な感情を抱いた」とセットで使えば、面接官の感情も動かせます。

②~④その市役所を志望した理由

「市役所を志望した理由」の例文を用意したので、市役所の魅力や、力を入れている政策に応じて使用してください。

  1. 貴市のビジョンは○○で、具体的には△△をしている
  2. この取り組みにより、他の市も困っている□□という問題の解決につながると考える。
  3. だから貴市に入り、ビジョンを推し進めたいと考え、志望した

という流れがオススメです。

全ての基礎であり奥義は、「市役所のビジョン」に合致し、コミットすることです。

市役所のビジョンとはすなわち、「市役所のトップたち(=決裁権を持つ人)が共有する考え方」のことです!

この考え方と、あなたの考え方がズレていたら、

市役所が求めていることを何も理解できていない!

と思われれるため注意しましょう。

市役所のビジョンは「施政方針」で確認できます。

施政方針とは、市役所が「どのような考えや方針で、施策を進めていくか」「主要な施策は何か」を、年度の初めに明らかにするものです。

ジムショック

市政方針や、市長のメッセージは必ず読みましょう!

では次に、公務員で求められるノウハウを詰め込んだ、「市役所を志望した理由」の実例をnoteにて解説していきます!